国立病院機構福島病院 受託研究管理室
 
   
  ホーム・患者様向け情報受託研究管理室>治験ってなあに?
 
 
 
 
 
   
  ■治験ってなあに?
 新しい「お薬」を開発するには、患者さんのご理解とご協力の元、実際に使っていただき、有効性と安全性を調べることが必要です。もしも、人での効き目や副作用を調べずに、「お薬」として広く使われるようなことになれば、病気を治せないばかりか、多くの患者さんに思わぬ副作用を起こすことにもなりかねません。このように健康な人や病気の人に試験的に使用していただいて調べることを「臨床試験」と言います。その中で国(厚生労働省)から「お薬」として認めてもらうために行う臨床試験のことを、特に「治験」と呼んでいます。今、私たちが病気やけがの治療に使っているお薬は、多くの患者さんのボランティアによる「治験」を経て誕生したものなのです。 多くの患者さまの
御協力のもと
「お薬」が
誕生しています

 新しいお薬の開発によって、それまで治らなかった病気が治り、手術をしなくてもすむようになりました。しかし、全ての病気が治せるようになったわけではありません。今でも健康や生命を脅かす病気があり、それらに対して有効なお薬の開発を待ち望んでいる患者さんが数多くおられます。そのため、効き目があって副作用の少ない新しいお薬の開発が世界中で続けられています。これらの新しいお薬もまた、あなたの参加される治験から生まれ、未来へと受け継がれていきます。

 
 
   
Google WWW を検索 福島病院サイト内検索