国立病院機構福島病院 病院長あいさつ
 
   
  ホーム・患者様向け情報病院のご紹介>病院長あいさつ
 
 
 
       
    患者さんや家族を始め、地域社会の皆様、
    そして職員も納得のゆく医療の提供を
    常に心掛けております。
    病 院 長
    氏 家 二 郎
   
 福島病院のホームページにアクセスいただきありがとうございます。
  16年4月の独立行政法人化以来、微力ながらも地域医療の一端を担うことができますことを心より厚くお礼申し上げます。
  医療費が年々増え、国民負担を増やすべきか、資源配分の点から何を削減すべきか議論されていますが、今は、地域医療確保こそが喫緊の課題です。
  その解決には、地域住民、地方議会、行政、医療関係者など利害関係者が一堂に会し、「共に生きる」ため、地域の限られた医療資源の有効利用について話し合い、つまり地域主導で即効性のある対策(例えばコンビニ受診抑制など)を講ずる必要があります。
   また忘れてはならない対策の機能分担には地域完結型医療の要である上に、重点診療科の重複や病院の共倒れを回避するという二次的な効果もあります。
   当院が担当する機能は以下のとおりです。

重症心身障がい医療

平成25年3月に新病棟120床を整備いたしましたが、これに加え平成28年10月には44床を増床し、合わせて164床の運営により福島県全体の需要に応じた療養介護サービスを提供しております。

当院の大きな特徴は、ポストNICU、ポストPICUとしての役割を担っていることであり、乳児期からのお子さんの入院にも対応しております。また、短期入所サービスやレスパイト入院など、在宅医療介護の支援を積極的に推し進めております。

遠方から面会に訪れるご家族のために院内に宿泊室を設けるなど、患者さまとご家族のつながりをとても大事にしております。

小児科の外来診療に関しては、小児神経疾患外来を有しており、また一般の小児科では対応が難しいとされる、NICUを退院し在宅にて療養されている方を対象とした発達外来が充実しているのが特徴です。

地域医療

近隣市町村等で実施しているがん検診にて“要精検”となった方に対する内視鏡検査を実施しています。


   さらに当院では理念「『納得』の医療で地域や社会に貢献」の下に、地域医療機関との良好な連携を図り、職員一同
患者さんの目線に立ち、
誠実で、公平性があり、
分かりやすい説明で、同意を得て
安全・安心で質の高い、専門性のある
明細がクリアーな

  患者さんや家族を始め、地域社会の皆様、そして職員も納得のゆく医療の提供を常に心掛けております。
  そのため地域の皆様との相互理解をなお一層深める場として、病院祭などのイベントを開催するほか、須賀川市の伝統行事である松明あかしや花火大会に参加(協力)しております。皆様方には是非お気軽に足を運び、交流の機会を大いに楽しんでいただきたいと思います。
  これからも、地域医療ニーズに応え、地域と一体となり、その結果地域の皆様から「福島病院は私たちの病院」と言っていただけるよう努力して参りますので、引き続き各方面からのご指導、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

Google WWW を検索 福島病院サイト内検索